お年玉.com TOP ≫ お年玉の使い道 子供に金銭管理を教える

子供に金銭管理を教える

お年玉として、自分の子供が何万円もの金額のお金をもらった時、教えなければならないことがあります。お年玉はお金の管理の仕方を教える格好のチャンスなのです。お年玉は子供たちにとっての楽しみです。好きなように使えば良いのではと思う方もいらっしゃると思います。

ですが、お年玉は子供がお金の使い方について学ぶことが出来る金銭教育の場として良いタイミングなのです。必ずとは言えませんが、子供の時のお年玉の使い方は、大人になってからのお金の使い方に影響します。始めは、子供にお年玉を自由に使わせ、どのように使うのかをチェックすると良いと思います。そして翌年からお金を管理するノートを用意させ、使い道の計画を立てさせましょう。

お金の管理をすべて子供に任せると、何万円もあったお年玉もいつの間にかなくなってしまいます。例えば「半分は貯金して後の半分を自由に使わせる」であっても半分の使い道をしっかりとお小遣い悵に記入させると勉強になると思います。

ただし、使い方を無闇に強制するのは良くありません。問題がある時だけきちんと説明するようにしましょう。貯金にはゆうちょ銀行がお勧めです。お子さんの名前で口座を開設し、近所の郵便局で振込が出来るようにしましょう。そしてお年玉の半分などを毎年定額貯金として簡単に引き出せないようにしておくと便利です。このお年玉の定額をしっかりしておくと中学や高校、大学になった時に役に立つまとまったお金になります。毎年2万円でも10年間で20万円にもなります。

お年玉の使い道


イモバックス
イモバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!