お年玉.com TOP ≫ ぽち袋 ぽち袋の歴史

ぽち袋の歴史

ぽち袋には様々なものがあります。このぽち袋の歴史は意外にも深いのです。お年玉袋をポチ袋とか祝儀袋などと言いますが、なぜポチ袋というかご存知でしょうか?その語源は僅かとか心ばかりという古い関西弁のぽちっと、関東ではこれっぽちという言葉からきていると言われています。小銭や僅かなお金などを入れる袋であることからポチ袋、祝儀を包む袋であることから祝儀袋と言われるようになったのです。

なぜポチと呼びはじめたのかは明らかになっていませんが、非常に少ないことを「これっぽっち」というように「ポチ」という言葉には小さな点であったり僅かという意味があります。祝儀を渡す相手が、芸妓や茶屋女などであったことから少額の祝儀と考えられたので僅かな金額という意味でポチを言われるようになったようです。これが今のところ1番有力な説と言えるでしょう。

元々は、花柳界での芸妓・芸者の花代やお付きの人への祝儀として小銭を手渡すのに懐紙や半紙に包んで手渡していたものが、小銭が硬貨であったことからこぼれやすいので包み端を糊で止めるようになり、それがいつしか袋に変化していったようです。

懐紙や半紙から手貼りの袋に変って行くにつれ、袋の表面も白無地から手書きや木版刷りのデザインが施されるようになり、現在ではデザインをオフセット印刷機で刷り、袋状には自動製袋機にかけて加工されています。そのため、今では様々な種類のポチ袋が存在します。

ぽち袋


アレグラ
アレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ウォーターサーバーレンタル 無料
天然水を手軽に生活に!