お年玉.com TOP ≫ ちょっとした疑問 兄弟が多い場合

兄弟が多い場合

相手の家のお子さんがお年玉をあげなければいけないような小学生や中学生が多い場合、お年玉もかなりの出費になります。こちら側にお年玉を貰う子供がいない場合は、さらに大きな出費になると思います。お年玉の相場は10000円だからと3人兄弟それぞれに10000円あげていたら経済的にも苦しくなるかもしれません。

そういった時は、あまり金額にシビアにならずに考えましょう。例えば、向こうの子供は4人で自分の子供は2人しかいない場合は、1万円ずつもらったなら、こちらは5000円でも問題ないでしょう。さらに兄弟の年齢が離れている場合は、お兄ちゃんに多めに渡すと良いでしょう。

特に年上のご兄弟のお子さんへのお年玉はあまり金額で悩まず、気持ちとしてお年玉をあげると良いでしょう。結して相手が気を悪くすることはないと思われます。また、兄弟が多い場合は、金額の違いなどでの問題も起こることもあります。出来れば同額の値段で渡すのが無難です。

ただ、小学生、中学生、高校生だと金額にも当然差がつくので、違いが出てきてしまうと思います。あげる方は年功序列を優先してのことかもしれません。しかし、兄弟の年が近い場合は出来るだけ金額も同じにしてあげるようにすると良いでしょう。

ちょっとした疑問


水素水生成器
こちら