お年玉.com TOP ≫ お年玉について お年玉の歴史

お年玉の歴史

お年玉の歴史はとても古く、日本では中世にまで遡ることになります。主に武士がその象徴とも言える太刀、町人が扇、医者が丸い薬を贈ったと言われています。元来はこのように新年を祝うために贈答される品物のことを指していました。現在では子供に金銭を与える習慣とになっています。お年玉がいつ頃から現在の形になったのかは今でもはっきりとはわかっていませんが、目上の人から目下の人に贈るというこの習慣は変わっていません。

年の賜物(たまもの)から「としだま」と言われるようになったという説の一方で、昔は正月に供えた餅の玉を子供たちに食べさせたということから「お年玉」と言うようになったという説もあります。しかし、この説は仮説にすぎず、どちらも明確には分かっていません。

日本においては現在、お年玉と言うもの自体が形式化してしまっています。しかし、韓国や中国では今でも民間信仰に基づいて旧正月に圧歳銭と言って、子供を祟りから守るための行事として続いています。韓国では、旧正月に大人が子供に金銭を与えて1年の無事を祈ります。

先ほども少し説明しましたが、お年玉の玉というのは造詣上のたまという意味ではなく、魂という意味で考えられていました。これは供え物に宿った新年を司る年神の神霊が、その供え物を与えられた子供たちを守るという考えからです。つまり、としだまは年神の魂で新年を司る年神への供え物が人間に下げられ、与えられた物だという考えを示す民俗学者も少なくありません。

お年玉について


【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html