お年玉.com TOP ≫ お年玉について お年玉をあげる年齢

お年玉をあげる年齢

お年玉をあげる立場としては、何歳から何歳まであげればいいんだろうと考えたことが一度はあると思います。例えば「親戚に赤ちゃんが生まれて生後3ヶ月頃にお正月がきたら、お年玉はあげるべきなのだろうか?」などという疑問をお持ちになったことがある方も少なくないと思います。

しかし、実際にはお年玉をあげる対象の年齢には、決まりや制限はありません。何歳まであげるかはあげる側の気持ちによっても異なりますが、お金の価値を知らない幼児や大学生にまであげる必要があるかどうかについては、あげる対象の子供の年齢ではなく、その子の父母や祖父母などの家族との付き合いの度合によって判断するのが良いでしょう。

親密な関係なのであれば、まだ赤ちゃんの時でも気持ちとして少しお年玉をあげるのも良いですし、まだ早いだろうと思う場合はあげなくても構わないのです。ただ、自分自身がお年玉を頂いた家族に対してはやはりお返しするべきだと思います。

一般的なお年玉をあげる年齢というのは、小学校から高校卒業くらいまでが普通でしょう。20歳になるまであげる方もいらっしゃると思いますが、高校3年生のお正月に「お年玉あげるのもこれで最後だよ」と言ってちょっと多めにあげる人も多いようです。お年玉は、大人から子供へ渡すものになりますが、子供が年老を取った父母に「お年玉をあげる」こともあります。お年玉はある意味で感謝の気持ちを伝えるものと言えるかもしれません。

お年玉について



アマリール
アマリールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!