お年玉.com TOP ≫ お年玉について お年玉の習慣

お年玉の習慣

お年玉は元々、正月に新年を祝うための品物でしたが、現在ではお年玉は身内や親戚の子供達に、お年玉としてお金をあげるのが一般的となっています。

日本のお年玉は魂を意味していて、おとし「玉」とは少し違うと唱える民俗学も多くいます。「としだま」というものはお正月に新年を司る神様に供えた供え物に宿った神霊が、その供え物を分け与えられた子供たちを守って1年間無事に過ごすようにするというものです。

目上のものが目下に贈るというのも昔からの特徴のようです。これが子供達にとって嬉しいお年玉へと変わったのは、室町時代からと言われています。室町時代において、すでに太刀.金子.硯.筆.酒.魚、男の子には凧、女の子には羽子板.紅箱など様々な物がお年玉として贈られていました。現在と違って、お金そのものではありませんでしたが、大人や目上の者が目下の者にあげる習慣は、この頃からあった事が確認されています。今でも土地柄によっては、その習慣や特色が残っていて、金銭ではなく餅やお菓子などを与える地方もあると言われています。

日本だけでなく、韓国や中国などアジアの国でもお年玉の習慣というのはあります。日本と違うのは旧正月に行われることで、中国ではお年玉ではなく「圧歳銭」と呼ばれています。圧歳銭を渡すことによって子供を1年間祟りから守るという民間信仰に基づいていると言われています。これは日本のとしだまと同じような考えになります。

お年玉について


http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/


アトルバスタチン
アトルバスタチンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

OPP袋・CPP袋・製造販売 どんなサイズも作ります!揃います!有限会社早川製袋http://www.sideseal.jp/