お年玉.com TOP ≫ お年玉について お年玉についての予備知識

お年玉についての予備知識

お年玉は年始に大人から子供、もしくは年長者から年少者へお金を包んで渡す物です。日本では、お子さんはお正月におばあちゃんやおじいちゃんをはじめ、親戚の人からお年玉をもらうことが多いです。子供には、お正月=お年玉といっても過言ではありません。

お正月に身内や親戚が一カ所に集まって新年のあいさつをする際、お年玉をあげることによって子供もその場を楽しむことが出来ます。お年玉の始まりは鎌倉時代からと言われています。その頃は、お金を渡すことはありませんでした。

現在は、お金を包んで渡すことが多いお年玉ですが、実はお年玉というのは御歳魂とも言い、お供えをして歳神様の魂が込められた鏡餅を年長者がみんなに分け与えるというものでした。年の始めの賜物で「年賜(としだま)」が「お年玉」に変化したと言われていたり、鏡餅が丸いので「お年玉」になったと言われていたりお年玉には様々な説があります。

地域によっては、現在でも年神に扮した村人が元旦に各家を回って子供に年玉と呼ばれる丸餅を配って歩く行事が行われているようです。お正月は、新年を迎える大人にとっても子供にとっても楽しみな行事です。それもお年玉の力もあるのかもしれません。

お年玉には、「どれぐらい親しい人まであげれば良いのか」「どれぐらいの金額が相場なのか」など疑問はたくさんあります。お年玉.com〜お年玉、ご贈答マナーについての常識ではそのような疑問やお年玉に関する様々な知識をご紹介します。

お年玉について